FC2ブログ

--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://greenchips.blog53.fc2.com/tb.php/428-1e2fad83

08

01

コメント

【2013.7.28】森の蒸留所 サントリー白州蒸溜所へ

筆者の居所、愛知から鈍行列車に揺られること5時間
山梨県北杜市、小淵沢駅へと着く

DSC06911.jpg

快晴の小淵沢

夏空の青と夏雲の白のコントラストが実にいい

DSC06913.jpg
小淵沢駅からは無料シャトルバスにてサントリー白州蒸溜所まで行くことができる


DSC06919.jpg
道中は山道でこれから「森の蒸溜所」へと向かうという期待に胸を踊らせてくれる

DSC06942.jpg

到着
かなり広い駐車場があり、受付は多くの観光客で賑わっていた


DSC06943.jpg
先にファクトリーショップ(駐車場側)に入ってしまったが
この樽で作ったプランターに一目惚れし、これからの旅の道中重い荷物と付き合うこととなった

DSC06945.jpg
駐車場側のファクトリーショップもグッズが充実しているが、
こちらは16:00迄と若干営業時間が短いので注意が必要だ

DSC06967.jpg
敷地は大変広く、第一受付からツアー受付場所までは徒歩10分程度かかる


DSC06970.jpg
受付を済ませ、まずは工場見学へと進む一行

DSC06977.jpg
ここでウィスキーづくりの基本を学ぶのである


DSC06981.jpg
白州工場では、ピートを使った工程があるためピートについても紹介がある

DSC06988.jpg
麦汁の仕込槽

DSC06993.jpg
発酵槽は山崎よりも広い場所を見学することができた



DSC07012_20130801233500548.jpg
蒸溜釜(ポットスチル)
さまざまな形のもので多種多様な原酒を作り出している

DSC07004.jpg
展示には、世界のポットスチルも紹介されていて興味深い


DSC07022.jpg
蒸溜所から貯蔵庫まではバスでの移動となる
一部このような電気バスが運用されている


DSC07036.jpg
貯蔵庫に入ったときのこのウィスキーの吐息がたまらない


DSC07051.jpg
白州工場では広い敷地を生かしてかなりしっかりとした樽のラッキング設備が作られているように感じた


DSC07059.jpg
ところ変わってこちらは以前まで蒸溜施設として使われていた建物
現在ではセミナー会場として使われているようだ

DSC07066.jpg
眠りについたスチルポットが良い味を醸し出している

DSC07072.jpg
そしてお待ちかねの試飲セミナー
白州18年を始めとした白州シリーズ、様々な飲み方、マリッジ、サントリーのこだわりを感じる欲張りな内容のセミナーとなっていた
それぞれの特徴などは是非実際に試飲に行って試してみて頂きたい


DSC07092.jpg
なお、白州蒸溜所のテイスティングカウンターは、ちょっとしたバーになっている

DSC07090.jpg
値段もかなり手頃になっているので是非試してみたいものである

2013-07-28 155356
ちなみに分かりにくいが、筆者が試したのはこのラインナップ
一番右下がニューポットで100円と一番安い
山崎18年は敢えてここで飲む必要は無いが、
その辺のバーで頼む5分の1ほどの値段で飲めるのと、
他に頼んだのが原酒系が多かったので良い比較になった

DSC06962.jpg
いい気分になったところで、
ファクトリーショップへ立ち寄って土産物を調達した
注意したいのは、駐車場側でしか扱っていない商品があること
例えば野鳥の絵柄の入った薄造りグラスなどは駐車場でしか取り扱いが無いが
ダメ元で聞いてみたところ、若干持ってきてあるものがあったそうでなんとか手に入った
ミニプランターなどは置いてあるが、大きな樽の特大プランターなども駐車場側の店でしか無い


DSC07097.jpg
そして最後にバードサンクチュアリへと立ち寄った
白州の味わいの源、森の薫りを360度から楽しめるが、残念ながら鳥を見る間もなく、ヤブ蚊の餌食になり退散する・・・。


白州蒸溜所

是非、また来訪したいものである。

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://greenchips.blog53.fc2.com/tb.php/428-1e2fad83

counter(total) 09.1.31~

UQCAL

GPV

プロフィール

いまそかり

Author:いまそかり
気持ちは生涯名無し
年中しょーもないことばかり考えてる存在自体がネタな人

大名古屋民


リンクフリーです
どちらでもご自由にどうぞ~

検索フォーム

Link - 巡回先など

(お世話になっているサイト様)

QRコード

QRコード

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。